Now Loading...

Now Loading...

アウトソーシング

日本型外部委託導入の目的

1960年代にアメリカで始まったとされるアウトソーシングは日本にも活用されようとしましたが、
日本企業や行政の考え方には程遠く、そのままの導入は難しく、かたちを変化しながら様々な導入が試みられてきました。
 
以前より大手企業の製造工場は構内請負というかたちで導入されてきましたが行政の労働者保護の観点より
偽装請負の問題が大きく取りざたされ2004年の製造派遣解禁も相まって請負ではなく人財派遣へ大きくシフトしてきており
日本国内全体でアウトソーシングの導入は、大きなメリットを出しているとは言い難い状況です。
 
ただ、一部の先進的な考え方の企業様やグローバル化を拡大する企業様が積極的に外部委託の活用へチャレンジされ、大きなメリットを創出れているのも事実です。
今後、新たに導入をお考えの企業様や既存の外部委託会社を見直したい企業様は、経営の視点から導入の目的を、中長期的に睨んでそれに沿った外部委託会社の選択及び育成を考える必要があると当社は考えております。
 

outsourcing-zu20160714-1_pc