MENU

スタッフの「ずっと働きたい!」をつくる!

労務管理マネジメント職

Staff management

主な仕事内容

スタッフの勤怠管理・労務管理

「顔色悪いけど大丈夫?体調悪くない?」など、スタッフの様子を常に気にかけながら会話を交わすことも大事な仕事です。スタッフが問題なく出勤できているかどうかを確認し、必要な書類の手続きなども合わせて行います。

業務効率化の企画、改善業務

「より効率よく業務が進められないか」を検討します。スタッフの習熟度により人員配置の変更を行ったり、作業手順の改善提案をまとめてクライアントに企画提案します。採用となれば「ラインレイアウトが変わったから、こう対応していこう」と、スタッフに共有します。

スタッフの面接・入社対応・研修

採用担当と連携して応募者の対応を行います。2次面接の際には応募者に働く場所を見てもらうために工場見学を行っていますので、その同行やクライアントとの日程調整を行います。

個人面談、グループミーティング

現場のスタッフと話をする中で相談や困ったことなどをヒアリングし、モチベーションの管理や業務改善に繋げます。

予算・数値管理

予算作成・売上管理など、責任者として数値管理は必須業務です。目標とする数値をどうやって達成していくか、数値を意識し、行動に落とし込んでいってください。

オフィス長業務フロー

『バランス感覚が大切な、”奥深い”仕事です。』

オフィス長は拠点のトップ。
オフィスは、社員は基よりクライアントとの連携を担うビジネスの基点です。
大切なのは採用したスタッフが、長く、積極的にお客様のお力になれること。
そのためには、売上ばかりを追いかけてはいられません。
しっかりと現場にも足を運び、現場管理者やスタッフと顔を合わせ、”不満や不安はないか”
常にアンテナを張ることが大切です。
とはいえ、そればかりになってしまうと、今度は売上が上がってこない…。
働く環境に目を凝らし、スタッフの気持ちに寄り添いながらも、
頭の中では常に予算のことを考え、採用面接をしたり、管理者・事務員に指示を出したり。
当社のオフィス長は「人の心」と「売り上げ」という、対照的な分野でのバランス感覚が鍵となる奥深い仕事です。

こんな方に向いています

人が好き! 特に聞き上手の方

スタッフや顧客の担当者との関係を構築していくことが大切なこの仕事。「人が好き」という方は大歓迎です。リベルでは現場スタッフの働きやすさを重視しているので、日頃のコミュニケーションを何より大切にしています。スタッフの話をしっかりキャッチできる聞き上手な方には特に向いています。

バランス感覚があり、合理的な方

スタッフや顧客といい関係を築くことは大事ですが、馴れ合うだけの関係では仕事は成立しません。ときには厳しい態度も必要ですし、相手や状況に合わせた細やかな対応が必要になります。スタッフ・顧客・自社それぞれの立場に立ち、三者にベストな状況となるよう導くことができるバランス感覚や合理性が求められます。

自分の考えで行動できる方

指示されたことだけを行うのではなく、時には自ら考えて動くことが必要です。例えばスタッフの意見を元に一緒に業務の見直しを行ったり、顧客担当者との何気ない会話から潜んでいるニーズを掴んで提案する…など。状況を判断して行動する積極性が求められます。

逆に、こんな方には向いてないかも…

  • ・人と話すことが苦手な方。事なかれ主義で、人や状況に流されやすい方。
  • ・指示されたことだけに黙々と取り組みたい方。

労務管理マネジメント職の一日

  1. 出勤・朝礼

    スタッフの休暇・欠勤届等の書類の整理、確認などで午前中が過ぎていくイメージです。

  2. お昼休憩

  3. 現場のお客様と打ち合わせ

    人員不足のラインの有無などを確認し、改善策を話し合います。常駐のスタイルをとっているからこそ、お客様・スタッフ双方にとって最善の提案が出来るんです◎

  4. 現場スタッフの作業場を巡回

    元気に働いているか、調子の悪そうなスタッフはいないか?
    声掛けを行い、コミュニケーションを図ります。

  5. 翌日の準備

    スケジュールを確認し、翌日に備えます。

  6. 定時退社。お疲れ様でした!

    ※スタッフの個人面談や、グループMTGが入っている日は、残業をすることもあります。

Interview

労務管理マネジメント職・スタッフインタビュー